ソフトバンクが3回に1点を先制 2者連発で逆転勝ちの前日に続き下位打線で得点

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(4日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが下位打線の活躍で1点を先制した。

 1、2回はロッテ先発の石川の前にいずれも三者凡退したが、3回は先頭の7番川瀬がチーム初安打となる右翼線二塁打。8番甲斐は送りバントを失敗(捕邪飛)したものの、9番周東が二塁内野安打。二塁手のグラブに当たった打球が中堅方向に転がる間に、川瀬が先制のホームを踏んだ。

 前日3日のオリックス戦は7回の7番松田宣、8番甲斐の2者連続アーチで逆転勝ち。この日も下位打線が得点源となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ