珍しい「6-5-4」の併殺が完成 何が起きた?

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(5日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは初回の守りで珍しい形の併殺を完成させた。

 1死一、二塁で打席にはロッテ4番・安田。遊撃前方に飛球が上がった。走者にとっては判断が難しい打球になり、突っ込んだ遊撃手・川瀬はダイレクト捕球には至らず、ショートバウンドでグラブに収め損ねたが、ボールは見失わず、すぐに拾い直して三塁送球。三塁手・松田宣が二塁送球し、際どいタイミングながらこちらもアウトで「6-5-4」の併殺となった。

 直前には無死一、二塁で、投手・武田が投前への犠打を処理して三塁封殺。不運な当たりが続いてピンチを迎え、好フィールディングを見せたところで大きな併殺となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ