鷹の大ファンHKT坂口理子がショーパン大暴投 細かい自己採点「42点」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(5日、ペイペイドーム)

 福岡を拠点に活動するアイドルグループ「HKT48」のメンバーで、福岡県出身の坂口理子(26)が始球式を務めた。

 ソフトバンクの大ファンという坂口は背番号48が入ったユニホームにショートパンツ姿で登場。マウンドから振りかぶって投げたボールはホームベースのはるか手前でバウンドし、左打者の背中側へ大きくそれた。「始球式は初めてだったので、もうちょっとまっすぐ投げたかったなという悔しさがありました。自己採点は42点くらいです」と苦笑いした。

 始球式に向け父親やスタッフと練習してきたという。「その時にはまっすぐ投げられていたのでそれが本番で出せたらなと思っていたんですけど。マウンドに立ったらもう何も考えられなかったです。上に向かって投げて円を描くようにというのをイメージしてたんですけど、マウンドに立つと全部飛んじゃって一瞬で終わっちゃいました」と悔しがった。

 プロの世界のすごみも感じた様子で「一発勝負なので、そういう世界で選手のみなさんが活躍されているのであらためてすごいと感じました」と口にした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ