ソフトバンク武田、腹に打球直撃で負傷退場 監督も駆け寄り場内騒然

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(5日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク・武田が思わぬアクシデントに見舞われた。

 1点ビハインドの5回1死一、二塁で中村奨の投手強襲の当たりにグラブを差し出したが当てられず、打球が腹部付近を直撃。苦痛に顔をゆがめながら目の前に転がるボールを拾い上げ、倒れながら一塁に送球しアウトにした。

 だが、そのままその場にうずくまり、森山投手コーチやトレーナーに限らず、工藤監督、球審も武田のもとに駆け寄るなど、場内は一時騒然。しばらくして起き上がった武田はトレーナーに腕を抱えられ、顔をしかめて胸部から腹部辺りをさすりながら治療のためベンチ裏に引き揚げた。

 武田はそのまま降板となり、渡辺雄が緊急登板。2死二、三塁で佐藤を投ゴロに抑え、追加点を許さなかった。武田のこの日の結果は4回2/3を被安打8、2失点だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ