西武3番手ギャレットが8回2死、四球から崩れ敗戦

西日本スポーツ

 ◆日本ハム6-2西武(5日、札幌ドーム)

 来日2度目の先発に臨んだ新外国人のノリンが6回6安打10三振を奪い2失点で降板。試合をつくったが、同点の8回から登板した3番手のギャレットが大誤算だった。

 2死後に9番中島に四球を与えると、続く大田に左前打、松本の死球で2死満塁。ここで3番西川に走者一掃の適時打。続く中田にも中前適時打を許した。この四球から崩れての4失点でつきはなされた。

 打線は有原の前に2回のメヒアのソロ、6回二死満塁からの山川の左前適時打による1点の計2得点止まりだった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング