西武辻監督「あそこを抑えていれば」8回2死走者なしから、まさかの悪夢

西日本スポーツ

 ◆日本ハム6-2西武(5日、札幌ドーム)

 左中間への白球は無情にも懸命に追った中堅金子の頭を越えていった。同点の8回2死満塁。西武のギャレットが西川に走者一掃決勝三塁打を浴びた。簡単に2死をとってから四死球絡みでピンチを招き、踏ん張れない。続く中田にも適時打を浴び、終盤の8回に痛すぎる「4」が刻まれた。

 辻監督は「もったいないよね。2死走者なしから…。あそこを抑えていればまだ勝負できていたのに…」と悔しがる。開幕から抜群の安定感を誇ったギャレットも最近はほころびが目立つ。指揮官は「ちょっと自信をなくしているのかな。不安がって投げているような気がする」と心配顔。主に8回を任されてきたが、配置転換も検討するようだ。

 相手エース有原との投げ合いで、来日2試合目の先発となったノリンは6回2失点と試合をつくった。変幻自在のフォームで2桁の10奪三振。「いいピッチングはできたと思う。(フォームは)まだ引き出しがあるので、徐々に出していきたい」。6回の2死満塁で大田を打ち取ると、札幌ドームに響き渡る雄たけびを上げた。それだけにセットアッパーの大量失点が惜しまれる。

 初戦を6-2で勝ち、真逆のスコアで2戦目を落とした。何とか勝ち越して、本拠地に戻る。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング