ソフトバンク渡辺雄、デビュー2戦目で「うっかり」…工藤監督が神フォロー

西日本スポーツ

◆ソフトバンク4-5ロッテ(5日、ペイペイドーム)

 4日に1軍デビューを果たした渡辺雄が連日、しびれる場面で好投を見せた。8月31日に支配下登録されたばかりの左腕に出番が巡ってきたのは1点ビハインドの5回2死二、三塁。武田が胸部付近に打球を受け緊急降板した後のマウンドを継いだ。変則サウスポーは佐藤に対し、スライダーを続けカウント1-1となった3球目でツーシームを選択。食い込むボールで詰まらせ投ゴロに仕留めた。

 だが、打球を処理すると一瞬、ホームに投げかけたが、甲斐の指示でわれに返り一塁に投げる「うっかり」の一幕も。ピンチを切り抜けながら「アウトカウントを間違えてしまったのは、やってはいけないことなので二度とないようにします」と反省を口にした。

 「それほど打者に集中していたということ」と連日、緊迫した場面で起用した工藤監督はフォロー。デビュー戦は2点差、2戦目は1点差で得点圏に走者がいる場面でも動じなかった左腕を「1軍でも大丈夫なんだという自信に変えてほしい」と高く評価した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ