首位ソフトバンク、今年もロッテが苦手…「魔の7回」に逆転許し本拠地でも1勝4敗

西日本スポーツ 山田 孝人

〈鷹番が見た〉

 ◆ソフトバンク4-5ロッテ(5日、ペイペイドーム)

 またも魔のイニングに逆転を許し、2位ロッテに連敗した。6回に3点を奪って逆転しながら、直後の7回に失策も絡んで3点を奪われて再び試合をひっくり返された。ホークスは今季ロッテに3勝7敗1分け。昨季も8勝17敗と大きく負け越したが、負けの多くは敵地だった。それが今年は本拠地でも1勝4敗と黒星が先行している。難敵とのゲーム差は1・5。もう負けられない。

 1点を追いかけていた9回1死三塁。打席には巧打者川島が入り、三塁走者は俊足の周東だ。最低でも同点には追いつくだろうと思っていたが、川島が益田の直球を捉えた会心の当たりは無情にもライナーで相手二塁手のグラブに収まった。さすがの周東も帰塁はならず。併殺で試合の幕は閉じられた。工藤監督は「ゴロさえ転がせばセーフになる確率が高いと思った」と不運も重なった結末に肩を落とした。

 逆転を許した前日に続き、またも「魔の7回」に暗転だ。6回に相手のミスにも乗じ3点を奪い、逆転した直後。粘っていた3番手笠谷が失策も絡んで無死一、三塁のピンチを招き、清田の適時打で1点差に詰め寄られた。1死後は交代したばかりの松本が中村奨に逆転2点二塁打を浴びた。

 試合の終盤に相手のミスが絡んで、一気に試合をひっくり返したラッキーな展開でもあっただけに、一転したショックは大きい。8回のモイネロ、9回の森の布陣は盤石な一方で、7回は手探りの状態が続いている。高橋礼が主に務めているが、この日はコンディション面を考慮されメンバー入りせず。黒星、引き分けた試合で7回のイニング別失点は最多の38失点。工藤監督は「できる選手を当てて戦うことが一番。これまでもみんなしっかり投げてきているので信頼は揺るがない」と話したが、日々、「魔の7回」のやりくりに頭を悩ませている現状は隠しようがない。

 かつてソフトバンクの前身、ダイエーの背番号7のユニホームに袖を通して福岡で躍動した井口監督が率いるロッテに、今季はペイペイドームで4連敗だ。このカードでの本拠地4連敗は2013年8月に喫して以来、7年ぶり。5回には8安打を浴びながら2失点に抑えていた武田が腹部に打球が直撃するアクシデントで降板。不運も重なり、ロッテ戦3カード連続の負け越しが決まった。

 昨季も8勝17敗と大きく負け越した「天敵」ながら、黒星の多くは2勝10敗だった敵地のZOZOマリンで、ホームでは6勝7敗だった。ところが、今シーズンは1勝4敗と黒星が先行。1・5ゲームの2位につけるロッテとは残り13試合を残し、このうち福岡では7試合だ。3年ぶりのリーグ優勝に向け38勝26敗3分けで貯金12としている今季のペナントレースの中で、気がかりな点にも感じる。有利な地元での戦いで、これ以上黒星を先行させるわけにはいかない。 (山田孝人)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ