日本代表ソフト上野まさか…開幕6失点4回降板

西日本スポーツ

 ソフトボール日本代表の上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)が6日、神奈川県大和市の大和スタジアムで行われた日本リーグ女子1部開幕戦のトヨタ自動車戦に先発登板し、4回被安打7、6失点で降板した。上野が日本女子リーグで1試合6失点以上喫したのは、2016年11月26日の決勝トーナメント日立戦(●4-7)以来。

 自身にとって5年連続の開幕戦白星が懸かっていたが、1点先制した直後の初回に2四死球でピンチを招くと、1死一、三塁で4番古沢にピッチャー強襲の適時打を許した。その後も制球が定まらず、2回と4回にも古沢にタイムリーを浴び、4回を終えたところで降板した。試合は1-6の6回表終了後に雨のため中断したが、再開した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング