「なかなか最初から打っていけない」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2―4ロッテ(6日、ペイペイドーム)

 -石川は先頭への四死球が目立った。

 リズムのいい投手ほど、リズムに乗るまでに微調整する時間がかかる。(四死球を)出そうと思って出しているわけではない。次に向かっていい調整をするようにと話をしました。

 -二木に好投を許した。

 二木君イコール(独特な)フォームと、フォークボールというところを意識させられすぎて、真っすぐに遅れてしまっているところはあった。左に対しても、真っすぐもカット系の球も、コントロールよくうまく投げられた。

 -ロッテに3連敗。

 きょうもチャンスはありましたけど、相手に粘られてしまう、抑えられてしまうところがある。甘い球を待っていたとしても、なかなか最初から打っていけない。インサイドなのかアウトコースなのかと割り切って打っていかないと、なかなか攻略が難しいのではないかと思う。

 -ロッテとは残り12試合。

 バッテリーコーチにも考えてもらい、走塁面とかでもミスがあったんで、そういうところも含めて試合前の短い練習の中でイメージしてやっていく。そういうところもしっかりやれるようにしていきたい。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ