西武高橋光成、快挙ならずも1安打で4年ぶり完封 岡田が地面スレスレ打って殊勲打点

西日本スポーツ

 ◆西武2-0オリックス(8日、メットライフドーム)

 西武は高橋光がノーヒットノーランをあと1イニングで逃したものの、4年ぶりの完封勝利を挙げた。

 4回までパーフェクト投球。5回先頭の吉田正に四球を与えたが、続くジョーンズを遊ゴロ併殺打。源田の好守にも助けられ、8回まで無安打1四球、打者24人に抑えた。

 それでも9回無死、杉本への代打・西野に中前打を許し、快挙はならず。ここから1死二塁とされたが、後続を断った。

 打線は好投の山本から5回、ワンバウンドしそうな球を打った岡田の内野ゴロの間に先制すると、6回には山川の適時打で1点を追加。高橋光を援護し、2連勝とした。

 高橋光は今季5勝目(6敗)、山本は7回2失点で3敗目(4勝)。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング