ソフトバンク連敗ストップ、首位踏みとどまった 千賀が今季最多13K

西日本スポーツ

 ◆楽天0-2ソフトバンク(8日、楽天生命パーク)

 ソフトバンクが千賀の好投で、連敗を「3」でストップした。

 千賀は初回を3者三振に仕留める立ち上がり。3回1死から辰己に三塁打を許したものの、続く足立の初球スクイズを外すなど、無失点で切り抜けた。

 戦列復帰したデスパイネが5番で即先発した打線は、4回に無死満塁から栗原が先制打。この回1得点にとどまったものの、5回にグラシアルのソロで1点を追加した。

 千賀は7回2死満塁で銀次を見逃し三振に仕留めるなどピンチで踏ん張り、8回を108球で3安打、13奪三振の無失点。2点リードの9回は森が締めた。

 千賀は6勝目(3敗)。前カードで3連敗を喫した2位ロッテが先に勝利。敗れれば順位が入れ替わるところだったが、踏みとどまった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ