中井光雄さん死去 宮杯3連覇など特別競輪8V

西日本スポーツ

 中井 光雄氏(なかい・みつお=元競輪選手、日本名輪会会員)7日午後5時15分、心不全のため大津市の病院で死去、86歳。滋賀県出身。告別式は10日午後2時から大津市浜大津4丁目6-17、浜大津シティホールで。喪主は長女音石智子(おといし・ともこ)さん。

 選手登録は1950年7月20日(期前)で89年7月に引退。特別競輪の優勝は、第5~7回高松宮杯(54~56年大津びわこ)、第8回日本選手権(53年大阪中央)、第4回オールスター(59年大阪中央)、第4、9、11回全国都道府県選抜競輪(53年名古屋3000メートル、55年大宮4000メートル、56年神戸4000メートル)の8回。通算3468走、1016勝。57年には、中野泰満とともに競輪選手として初めて世界自転車選手権(ベルギー)に出場するなど競技でも活躍した。日本競輪選手会理事、日本名輪会副会長も務めた。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング