ソフトバンク明石は右手関節炎 「必要な人間だが」工藤監督

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは8日、明石健志内野手(34)が佐賀市内の病院で磁気共鳴画像装置(MRI)検査などを受け、右手関節炎と診断されたと発表した。

 同日よりリハビリ組に合流した。明石は今季、先発や代打起用などを含めて、ここまで43試合に出場して打率2割3分2厘、2本塁打、7打点。工藤監督は8日の楽天戦前に報道陣に「貴重な戦力だし、チームに必要な人間だが、ここで思い切って完治させようとなった」などと説明した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ