西武内海9点援護も本拠地初勝利ならず「申し訳ない」打球直撃、4回降板

西日本スポーツ

 ◆西武-オリックス(9日、メットライフドーム)

 西武の内海は4回8安打4失点で降板した。

 初回に1点を先制されたが、2回までに味方が9点の大量援護。9-1から3点を返された4回、なおも1死二塁で福田の打球が左膝の上付近を直撃(記録は投手内野安打)。治療の上で続投し、後続を断ったが、5回のマウンドは十亀に譲り、勝利投手の権利は逃した。

 巨人から移籍2年目。この試合が本拠地初登板だった。

 「公式戦で初めてメットライフドームのマウンドに立ち、温かい拍手で盛り上げていただき、とてもうれしかったです。

 今日はスライダーが浮いてしまいました。(3回にジョーンズを空振り三振に仕留めた場面は)スライダーを投げ切ることができましたが、他の打者と対戦するときにはスライダーをコントロールできませんでした。そして安打、安打とリズムを悪くしてしまいましたね…。たくさん点を取ってもらいながら申し訳ないです。次、また頑張ります」

 病院には行かず、アイシング治療で様子を見るという。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング