緊急降板のソフトバンク渡辺雄は左肘に違和感…工藤監督「心配」

西日本スポーツ

 ◆楽天1-8ソフトバンク(9日、楽天生命パーク宮城)

 8月31日に支配下登録されたばかりの渡辺雄が、左肘の異変で緊急降板した。

 8点リードの8回に登板し、先頭茂木から得意のスライダーで見逃し三振。だが、続く浅村に四球を与えたところで、マウンドに捕手高谷が駆け寄ると、ベンチから森山投手コーチとトレーナーも駆けつける事態となり、高橋礼と交代した。試合後、工藤監督は「肘に違和感が出たということなので、すぐ代えました。投げて(故障を)やったときは、なかなか良い結果がないので心配」と神妙に語った。渡辺雄は今月4日に初昇格。即日デビューから2試合続けて好投し、今回が3試合目の登板だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ