西武打線は前輪駆動、連日いきなり先手

西日本スポーツ

 ◆西武-オリックス(10日、メットライフドーム)

 西武が初回に2点を先制した。

 先頭外崎が四球で出塁すると、源田の右前打で一、三塁。栗山への初球で、相手捕逸の間に労せずして1点を先制した。

 栗山は右翼線への適時二塁打で1点を追加。「1番、2番がいいチャンスメークをしてくれた?   本当にその通りだと思います。あの場面は、ランナーをかえすことだけを考えて打席に立ちました」とコメントした。

 9日も初回に5点、2回に4点を奪い、今季最多タイの13得点で圧勝していた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング