西武投手陣の大炎上止まらず…相次ぐビッグイニング

西日本スポーツ

 ◆西武-オリックス(10日、メットライフドーム)

 西武の武隈は流れを食い止められず、1イニング4失点を喫した。

 4点ビハインドの4回に2番手として登板。先頭福田にいきなり右越え二塁打を浴びると、1死三塁から吉田正の二ゴロの間に追加点を許した(記録は野選)。

 さらに2本の単打で1点を失うと、2死満塁から杉本の適時内野安打に源田の失策も絡み、この回一挙4失点。先発・平井が2回に6点を失って3回降板しており、4回までにスコア2-10の一方的な展開となってしまった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング