池村寛世、悔しプレーオフでV逸も「上出来」 ゴルフ九州オープン

西日本スポーツ

 ゴルフの九州オープン(九州ゴルフ連盟主催)は11日、大分市の大分東急ゴルフクラブ(6818ヤード、パー70)で最終ラウンドが行われ、秋吉翔太(ホームテック)が池村寛世(ディライトワークス)とのプレーオフを制して初優勝を飾った。

 2打差の3位でスタートした秋吉は65で回り、通算13アンダー、197で首位と並び、プレーオフの1ホール目で決着をつけた。

 3位は2日目まで池村と並んで首位だった中道洋平(福岡雷山)と日高将史(フリー)。ベストアマチュアは通算2アンダー、208で20位の中村志凪(宮崎国際)が手にした。(出場選手65人、うちアマ10人)

   ◇   ◇   ◇

 池村寛世(プレーオフで敗れて2位)「いいスタートを切りながら乗れなかった。調子は悪くないし、上出来だったと思う」

 

 中村志凪(ベストアマチュア。東海大九州4年)「5オーバーだった初日から、ドライバーの悪かった点を2、3日目で修正できたのは良かった」

PR

ゴルフ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング