西武辻監督は苦虫「この球場は怖い」 迫る自力V消滅の危機

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆ソフトバンク4-2西武(11日、ペイペイドーム)

 西武は頼みのニールが7回3失点で5敗目。1球の失投が命取りとなった。「コントロールミスしてしまい、あの1球だけ悔いが残る。いい投手戦にはなったけど…」

 同点に追いついてもらった直後の4回。デスパイネへのフルカウントからのチェンジアップが高めに浮いた。高い弾道の打球が左翼テラス席最前列に飛び込んだ。辻監督も「やっぱり(球が)高いとあれで本塁打になっちゃう。この球場は怖い」と振り返った。

 左腕ムーアとリズムの良い投手戦を演じた。7回を投げ、今季最多の110球を数えた。「なるべく長いイニングを投げようという気持ちだったので、その点は良かった。中盤からはリズムをつかんで投げられた」。手応えをつかんだだけに「あの1球」が悔やまれた。

 上り調子の打線もはね返すことができなかった。ムーアに3安打に抑えられ、鉄壁のリリーフ陣には手も足も出なかった。指揮官は「(ムーアは)いい投手だから数少ないチャンスだと思っていた。やっぱりなかなか打てなかった」と完敗を認めた。首位ソフトバンクに3連敗すれば、自力Vの可能性が消滅する。ここが踏ん張りどころだ。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング