二盗、三盗だけじゃない ソフトバンク周東の光った姿勢/秋山幸二

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-2西武(11日、ペイペイドーム)

 例年より短いシーズンは早いもので残り約50試合になった。これから終盤に向かって1試合の重みが増していく中で、選手は自分に求められる役割をいかに理解して実践していくかが重要になる。その意味でこの試合の周東は走攻守で非常に見るべきものがあった。

 スタートからしっかり足が動いていた。3回の守備では1死から外崎、源田の打球を軽快にさばいて二ゴロ。特に外崎はいい打球を飛ばしたが、それ以上に周東の反応が良かった。その流れのまま直後の攻撃で適時打、二盗、三盗と流れるように決めていった。

 三盗は足の速い、遅いだけが重要ではない。相手投手に隙や油断があるかどうか。この場面、周東は二盗した直後だったがニールが警戒していないことを冷静に見ていたのだろう。守備から流れをつくって、自ら1点、2点と奪っていったのは見事だった。

 もう一つ、8回先頭で試みたセーフティーバントも特筆したい。ぎりぎりでアウトになったが、追加点が欲しい場面で自分がやるべき仕事を分かっている。好投手からいかにして点を奪うか。周東はこうしたプレーができる選手であり、それを求められる選手になったということだ。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ