ソフトバンク岩崎「完全にこれまでと真逆」再起へのフォーム革命

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ 阪神2-8ソフトバンク(11日、鳴尾浜)

 ソフトバンクの岩崎が“進化”を見せた。7回に2番手としてマウンドに立つと、2イニングで3奪三振。最速153キロのストレートで、外野に打球を飛ばさせない圧倒的な投球だった。8回1死からは「クイックでも今のイメージで投げられるかを試したかったので」と無走者ながらワインドアップをセットに切り替えたほど。「動きと自分の感覚がはまってきた」と手応え十分だ。

 2軍降格後、久保2軍投手コーチと一緒に投球フォームを見直し、押し出し気味になっていた腕の動きを縦回転にするよう意識して「自分の中では完全に、これまでと真逆」と岩崎。小川2軍監督も「ボールの角度が出てきて、打者も速さを感じるんだろう。打者の手元で強いボールが行っている」と絶賛した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ