4連続準Vの兼本将太がデビュー初Vへ「今回こそ」 ミッドナイトF2ガールズ  【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のミッドナイトF2(岸和田市主催)が13日に始まる。前開催と同様にチャレンジ7個、ガールズ2個の9個レース制。チャレンジは、117期の新人・兼本将太がV争いの主役候補筆頭。前走の玉野まで4場所連続で準Vと、デビュー初Vまであと一歩。それだけに「今回こそは」と気合満点で臨む。兼本と同期の村田瑞季も期待大。ガールズは、「3連勝V」をノルマに課す児玉碧衣が断然の脚力。初日9Rは、兼本が持ち前のスピードで圧倒する。

 

 

<各レースの見どころ>
(1R)内村と成田の首位争い。直近4カ月の得点は成田が上回るが、内村は前走の弥彦準Vの後、「セッティングを見直して、前回よりも練習した」と上積みが見込める。
【3連単】6=1-352。

(2R)児玉の脚力が抜けているここは相手探しが焦点で仕方がない。その筆頭は前走高知で準Vの佐伯。ただ、東口も「練習はしっかりできて良くなっていると思う。小倉も好き」なら互角の争い。
【3連単】5-31-312。

(3R)「3日間、バックを」と先行意欲の高い磯村が主導権を握って、そのままマーク滝川とワンツーへ。ただ溝口が「練習の仕方を変えて手応えがある」と上昇ムードで、磯村とのもがき合いも辞さないかも。その展開なら徳吉に出番。
【3連単】1=7-532、2-347-347。

(4R)「練習ではめちゃくちゃいい。その動きが出れば・・・」と言う永田の逃げ期待。ただ初日凡走も多く、過信はできない。石貞の捲り一撃が魅力いっぱい。
【3連単】7=1-243、2=4-157。

(5R)117期の新人・内藤は「一戦一戦成長している感じはある」と着実に進化中。同県の先輩の前で思い切り逃げる。
【3連単】7=1-432。

(6R)117期の大平が機動力はやや優勢。しかも3車とラインにも厚み。先行逃げ切りに期待した。
【3連単】1-7-423。

(7R)土居は当バンクに「いいイメージしかない」。きっちりと主導権を握って初日5連勝へ。別線の小川が土居の番手に飛び付く展開なら、小川マークの高谷浮上も一考。
【3連単】1-7-342、1=3-247。

(8R)117期の村田は、まだ思ったほどの成績は残せていないが、ここでは間違いなくスピード上位。番手が岡田ならしっかり追走可能。
【3連単】1-7-235。

(9R)兼本は4連続で準Vと惜しい戦いが続く。その失敗から学んだ今回は「自分で動くレースをしたい」ときっぱり。積極的に前に出て逃げ粘る。狙いは渡辺。前走は失格を喫したため、得点アップに燃えている。
【3連単】1-7-254、1-2-57。
 

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング