ソフトバンク高谷また左腕撃ち グラシアルに2度目の反撃

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-西武(12日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの高谷が今年初開催の恒例イベント「鷹の祭典」を盛り上げる2号3ランを放った。

 3回に3点を奪い、なお2死二、三塁で迎えた第2打席。ノリンの内角高め真っすぐを右翼テラス席へと放り込んだ。ベンチに戻ると先に生還して出迎えたグラシアルを笑顔で“ボコボコ”に。8月26日のオリックス戦で放った1号に続き、普段はボコボコにされる側のベテランが繰り出した2度目の“反撃”にスタンドも盛り上がった。

 高谷にとってシーズン複数本塁打は2本を放った2016年以来で4年ぶり。左打ちの捕手として昨年までの13シーズンで通算8本塁打は全て右投手からだったが、今年は田嶋から放った1号に続き2本とも左投手からとなった。

 2回の第1打席でも先制打を放っており、先発バッテリーを組んだ武田を攻守両面でサポートした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ