西武育成出身の20歳が地元でプロ1号 3年目高木、ペイペイドームのバックスクリーンへ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-西武(12日、ペイペイドーム)

 西武の3年目、高木が地元でプロ本塁打を放った。

 7点を追う5回無死、ソフトバンク先発、武田の直球をバックスクリーンへ運んだ。「手ごたえは完璧でした」と振り返った20歳は、プロ初本塁打の感想について「うれしいです。ありがとうございます。地元福岡で初ホームランを打てたというのもうれしいですね」とコメントした。

 福岡県朝倉市出身の高木は真颯館(しんそうかん)高から育成ドラフト1位で2018年に入団。同年オフに支配下選手登録を勝ち取った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング