ソフトバンク5連勝 「高谷の祭典」縁の下の力持ちがプロ初の大爆発

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-4西武(12日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが序盤に大量リードを奪って快勝。特別ユニホームを着用する恒例イベント「鷹の祭典」初戦を白星で滑り出した。

 この日はいぶし銀のベテラン捕手・高谷が打っても大活躍。2回に先制打を放つと、3回には相手野選もあって3点を追加した後で、今季2号3ラン。プロ14年目で初の1試合4打点をマークし、チームはこの回一挙6得点で西武先発・ノリンをKOした。ツイッターでは「高谷」が話題に。「高谷の祭典」との投稿も相次いだ。

 先発・武田は5回に高木のプロ1号、6回に山川のプロ通算150号などソロ3発を浴びながら、他に失点はなく7回途中3失点。救援陣がリードを生かして逃げ切った。

 「鷹の祭典」はこの日を含め9月の8試合で実施。着用する特別ユニホームは鮮やかな黄色をベースに、袖や帽子には新型コロナウイルス感染拡大と闘う医療従事者への感謝を込め、青色を使用した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ