西武辻監督「松本に尽きる」珍勝利呼んだ7回無失点力投

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク0-1西武(13日、ペイペイドーム)

 文字通り首の皮一枚つながった。西武は敗れれば自力Vの可能性が消滅する崖っぷちで、パ・リーグ史上4度目の「1回表先頭打者本塁打による1-0試合」での白星。辻監督は「あーしびれたね。1-0。松本に尽きるね。今日は本当に素晴らしかった」と7回無失点の先発松本をたたえた。

 初回、石川の2球目を外崎がプロ初の先頭打者本塁打。結果的にこの一発が全てだった。1点のリードを投手陣が守った。松本は「調子は良かった。どんどんストライクゾーンで勝負することができた」と振り返った。

 度重なるピンチも乗り越えた。7回には2死満塁で中村晃を二ゴロに打ち取った。この回には最速150キロも計測し、プロ入り最多タイの121球を投げた。「序盤から強気でしっかり打者に向かっていこうと思い、最後まで継続できたので良かった」とうなずいた。

 9回には1死二、三塁の大ピンチを増田が切り抜けた。連敗を3で止め、自力V消滅の危機はひとまず乗り切った。辻監督は「まだまだ自力は関係ない。向こうだって全勝するわけじゃない。最後までうちはそういう気持ちで頑張ります」。球史にも残る珍しい勝ち方で浮上のきっかけをつかむ。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング