ソフトバンク逆転で辛勝 連敗ストップで2位ロッテに1・5ゲーム差

西日本スポーツ

 ◆日本ハム4-5ソフトバンク(16日、札幌ドーム)

 ソフトバンクが終盤に逆転勝利。連敗を「2」でストップし、敗れた2位ロッテとの差を1・5ゲームとした。

 初回に1番周東が四球で出塁し、二盗と相手暴投の間に生還して先制。だが先発・二保が2回無死から連続長短打で同点とされると、遊撃手・川瀬の失策で一、二塁。ビヤヌエバに適時打を浴び、2死から平沼にも適時二塁打を浴びた。

 打線は5回まで日本ハム先発・杉浦の前に松田宣の三塁打による1安打と大苦戦。それでも6回、川瀬の適時打で1点差とすると、7回に日本ハム救援陣を攻略。柳田の押し出し四球で追いつくと、デスパイネの2点適時打で勝ち越した。

 5回途中から登板した泉から6回高橋礼、7回モイネロ、8回松本が無失点リレー。2点リードの9回に森が1点を返されたものの、逃げ切った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ