スッキリしないミスちらほら…それでもソフトバンクが他球団に勝る点

西日本スポーツ 石田 泰隆

タカ番記者コラム「好球筆打」

 ◆日本ハム4-5ソフトバンク(16日、札幌ドーム)

 3点を奪い、逆転に成功した7回の攻撃を終えた時だった。2位ロッテが苦手とする西武に連敗を喫したとの一報が入った。仮にこの後、ホークスが逆転負けを食らっても、この日も首位の座から陥落する心配はなくなったと安堵(あんど)したファンも多かったのではなかろうか。

 そんな他球場の結果などベンチはまだ気に掛けていない時期だとは思うが、工藤監督は直後の守りで「攻めの継投」に打って出た。3番近藤から始まる相手打線に対し、本来はセットアッパー役のモイネロを投入。助っ人左腕は1死から4番中田に四球を与えたものの、後続をしっかり断って勝利のバトンをつないだ。

 これでチームは連敗を2で止め、先に試合を終えていたロッテとのゲーム差を1・5に広げた。「今日は絶対に勝ちたかった」。工藤監督はチームの勝利を素直に喜んでいた。シーズンは残り約3分の1まで迫っており、目の前の1勝がチームに与える影響の大きさを誰より知るから当然だ。

 ただ、この日はスッキリしないミスが守備で散見されたことも事実だ。2回の川瀬に、3回の松田宣。遊撃手の川瀬は二ゴロで二塁封殺を狙った周東の送球を落球。失点につながる失策となった。三塁手松田宣は一塁へ中途半端なバウンドでの悪送球。回の先頭打者を二塁へ進塁させるミスとなった。失点につながらなかったことが、本人にとっては救いだったろう。

 しかしながら、野球にミスはつきものでもある。反省はもちろん大事だが、ミスをミスのまま終わらせないことが何より重要で、そのミスをすぐに取り返せるところがホークスの強さでもある。川瀬は6回の打席で1点差に迫る左前適時打を放ち、心の強さを示した。自身の失策で失点につながったプレーと「プラマイ0」とまでは言わないが、工藤監督も「よく打った」と高く評価していた。

 川瀬に限ったことではない。3年ぶりの覇権奪回を心底狙う戦う集団としての団結力を、工藤監督も感じ取っている様子だ。「ミスはある。それをみんなでカバーし合っていくのがチーム。今日はみんなでミスを取り戻せた。みんなでよくつないで逆転できた」。今季18度目の逆転勝ちはロッテの敗戦に“歩調”を合わせない1勝となった。ミスをカバーできるチーム力は、他球団よりたけているように感じる。 (石田泰隆)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ