西武内海乗れず4回4失点KO、またも本拠初白星お預け

西日本スポーツ

 ◆西武-ロッテ(17日、メットライフドーム)

 西武の内海が4回5安打4失点(自責点2)で降板となった。

 2回、先頭清田に左中間二塁打で出塁を許すと、バッテリーを組む森の連続エラーやスクイズで2点を先行された。

 3回にはマーティンに右越えソロ被弾。4回にも角中に左中間への適時二塁打を浴びるなど立ち直れず、4回限りで降板した。

 「せっかくチャンスをもらっているのにこのような形で交代してしまって、申し訳ない気持ちでいっぱいです。イニングの先頭打者を切ると言っていたのに4イニング中3回も先頭打者を出してしまい、チームの流れを悪くしてしまいました」

 巨人から移籍後、メットライフドーム2度目の登板で、今回も本拠地初勝利とはならず。前回9日オリックス戦で打球を受けた膝の状態については「それは全く問題なかったです」と話した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング