ソフトバンク連日の1点差勝利 左袖に喪章、急逝した川村さんに捧ぐ

西日本スポーツ

 ◆日本ハム1-2ソフトバンク(17日、札幌ドーム)

 ソフトバンクが9回の攻防を制し連勝した。

 16日に川村隆史3軍コンディショニング担当が急逝したことを受け、チームはこの日、ユニホームの左袖に喪章を着けてプレー。先発・東浜は走者を背負いながらも粘りの投球。3回、中島が投前へセーフティースクイズを試みてきた場面では、甲斐とのバッテリーで懸命の守備を見せ、得点を阻止した。

 打線は日本ハム先発・上原に大苦戦。8回まで単打ばかりの散発3安打に抑えられたが、9回無死から川島が四球で出塁すると、ベンチは代走・周東を起用。続く中村晃の送りバントは決まらなかったが、打ちに転じて三塁強襲の内野安打。プロ通算1000本目の安打で一、二塁とし、グラシアルが先制右前打を放った。

 グラシアルは一、二塁間で挟まれたが、日本ハム内野陣に失策が出て、一塁走者の代走・上林も生還。大きな2点目を奪い、上原をこの回途中で降板に追い込んだ。

 その裏、森が中田にソロ被弾。連日の失点で1点差に追い上げられながらも、後続を断った。東浜が8回6安打、無四球で4勝目。日本ハム・上原は9回途中2失点ながら援護に恵まれず、今季初黒星を喫した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ