正代序盤で4勝「負けを引きずらなかった」

西日本スポーツ

 ◆大相撲秋場所5日目(17日、東京・両国国技館)

 前日の初黒星に心が揺らぐことはなかった。関脇の正代(熊本県宇土市出身)は北勝富士に快勝。圧力をかけながら前へ出て押し出した。「(照ノ富士に屈した4日目の)負けを引きずらなかったのが一番よかった。切り替えられた」。精神面の成長ぶりが詰まる白星にうなずいた。

 賜杯には届かなかったものの、優勝争いに最後まで加わった初場所と先場所の経験を生かしている。「自信もそうだが、緊張との付き合い方も分かってきた」。4勝1敗の序盤を「申し分ない」と自己採点した。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング