新開 挽回のチャンスあり ボート王国九州山口!

西日本スポーツ 井上 泰宏

 開幕戦で5枠の渡辺翼が価値ある2着。調整時間が少なかったこともあって仕上がりは「まだ満足していない」状態だが、差し場を逃さずに展開を突いた冷静な立ち回りが光った。初日の出番は1Rだけで、その後の時間はたっぷり。「もう一度、本体を確認します」とじっくりエンジン本体と向き合った。

 1枠で5着だった渡辺優美は、はっきりしない空模様と同じく表情も曇る。「休み明けでめっちゃ緊張してしまった…。自分のスピードの乗りも悪い。ヤングダービーなんだからフレッシュに行かないと!」。女子レーサーとしては、歴代最多タイとなる4回目の大会出場。男子レーサーを相手にしても名前負けすることはない。初の予選突破を目指し、気合を入れ直す。

 郷土勢の白星は2日目以降に持ち越しになったが、それでも渡辺翼だけでなく、新開航、中田達也、そしてドリームの仲谷颯仁が2着、山ノ内雅人、百武翔は3着で3連単に貢献した。

 新開の2着はインでのもので「悔しいです」と唇をかむが、前向きな事実もある。初日の1枠はわずか5勝。「自分がインで勝てなかったのは悔しいが、他のコースからでも勝つチャンスがあるということですもんね」と落ち込むだけではなく、すぐさま前を向く。

 「最近は乗り心地よりも足を求めて調整をしている」と、これから記念戦線で戦うための武器を身に付けている最中だ。ドリームを走った羽野直也、大山千広と同じ九州トップルーキーとして、意識も高まっている。2日目は6枠の一走。1枠での取りこぼしは、大外から取り戻す。 (井上泰宏)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング