6連打に3連打…西武ニール最短タイ3回6失点KO

西日本スポーツ

 ◆オリックス-西武(18日、京セラドーム大阪)

 西武先発のニールは6失点を喫し、来日後最短タイの3回で降板した。

 初回は3人で片付けたが、2回先頭の4番吉田正に安打を許すと、続く5番モヤに右越えの先制2ランを浴びた。その後もヒットを続けられ、吉田正から9番若月まで6連打。犠飛などもあって、この回打者10人で5点を失った。金子の2ランで2点を返してもらった後の3回も、先頭のモヤから3連打。1死となって若月の犠飛で6点目を許した。4回は小川にマウンドを譲ったが、小川も2点を追加された。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング