ソフトバンク痛いアクシデント 真砂の膝に死球、自力で歩けず負傷退場

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-楽天(18日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク・真砂が痛いアクシデントに見舞われた。

 グラシアルに代わり右翼で途中出場。8回の第1打席で、左腕・鈴木翔のスライダーが右膝付近を直撃した。

 その場に崩れ落ち、自力では歩けずコーチとトレーナーの肩を借りてベンチ裏へ。すぐに代走川島への交代が告げられた。今季これが15試合目の出場。貴重な右打ちの外野手でもあり、状態が気がかりだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ