鳥栖連敗、今季ワースト3失点も…若いチームが感じさせた可能性

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第17節 鳥栖1-3横浜M(19日・駅前不動産スタジアム)

 サガン鳥栖がホームで横浜Mに1-3で敗れ、リーグ戦今季2度目の2連敗を喫した。試合開始直後に先制されるなど、今季ワーストの3失点。林大地(23)のゴールによる1得点に終わった。   

 ◇   ◇   ◇

 強烈な個の力に圧倒された。鳥栖は横浜Mの前線で躍動した3人の外国人に得点を決められ、ホームで連敗を喫した。今季ワーストとなる3失点での黒星に、金明輝監督は「相手は決める力があった」と肩を落とした。

 開始1分、エリキにDF陣の裏をとられて先制されると、同13分にも失点。ドリブル、ボールキープに力強さを発揮する外国人FWに苦戦し、前半だけで3点を奪われた。原は「1点目は集中力の問題。その流れで、自分たちから崩れてしまった」と悔やんだ。

 失点を重ねてもチームはボールを確実につなぎ、意図のある攻撃を繰り返した。今季4点目を挙げた林は「自分のゴールが勝ちにつながるようにしたい」と言い切った。敗れたとはいえ、スタメンの平均年齢23・36歳という若いチームは、今後への可能性を感じさせる魅力も見せた。

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング