正代2敗目も「まだまだ。引きずらないように」

西日本スポーツ

 ◆大相撲秋場所7日目(19日、東京・両国国技館)

 攻め込みながら隠岐の海に突き落とされ、土俵上で座り込んだ。関脇の正代(熊本県宇土市出身)が2敗目を喫した。

 もろ差し、さらに左四つから前へ出たが、白星を逃した。「まだまだ。ここで引きずらないようにはしたい」。自らに言い聞かせるように黒星を受け止めた。

 「(もろ差しでも)入りが浅かったし、おっつけられてきつかった。立ち合いが甘かった気がするので、もう少し徹底していきたい」と視線を前に向けた。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング