ソフトバンク上林が今季初の出場選手登録抹消

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは20日、上林誠知外野手(25)の出場選手登録を抹消した。再登録は30日以降。

 代わって釜元豪外野手(27)を同登録した。

 上林は今季69試合に出場し打率1割8分1厘、6本塁打、20打点と不振に苦しんでいた。今季初の登録抹消となる。

 同日、楽天戦前に取材対応した工藤監督は「ダメだから落とすということではなく、ダメだったらどうやってよくするかが大事。最大の努力をした中で、それでもどうしてもうまくいかないということに関しては、一度時間を空けるというのは正しいのかなと思う」と説明。その上で「僕はどちらかというと技術面よりは精神面なのかなと感じている。しっかり気持ちを切り替えて、自分が何と向き合わなきゃいけないのかということを理解できれば、立ち直るのもそんなに時間がかからないと思う」と期待を口にした。

 また、川原弘之投手(29)も1軍に再昇格した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ