西武逆転勝ちで連敗ストップ…山川2ラン、代打森が3点適時二塁打

西日本スポーツ

 ◆オリックス4-5西武(20日、京セラドーム大阪)

 西武が逆転勝ちし、連敗を「3」で止めた。

 先発の松本は初回に太田にソロを浴びて1点を失うと3回も1失点。4回にモヤ、5回は西浦に一発を許すなど小刻みに失点を続けて5回4失点で降板した。「今日はコントロールにばらつきがありました。それを修正できなかった」などと球団を通じてコメントした。

 それでも打線が奮起した。6回に2試合連続で4番に座った山川が左翼へ22号2ラン。「詰まったのでどうかな…と思いましたが打ててよかったです!」と2点差に追い上げると、8回2死満塁で代打の森が走者一掃の3点適時二塁打。逆転に成功した。

 6回以降は救援陣が無失点にしのいだ。7回の1イニングを無失点に抑えた3番手の森脇が3勝目、9回を締めた増田が20セーブ目。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング