ソフトバンク響いた中盤の逸機 工藤監督がチャンス逃した要因語る

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-3楽天(20日、ペイペイドーム)

 首位ソフトバンクが3位楽天に連敗し、4カードぶりに負け越した。

 2点を追う9回に4連打で1点を返したが、最後は2死満塁で栗原が惜しくも一直。あと一歩届かなかったが、展開上は中盤の逸機が響いた格好だ。

 1-1の6回無死、周東が右前打で出塁し、すぐさま二盗に成功。栗原の送りバントで1死三塁と楽天・岸を追い詰めたが、中村晃が空振り三振。柳田は申告敬遠され、二盗で二、三塁となった上で、5番に起用された松田宣が遊ゴロに倒れた。

 工藤監督は「いい攻撃でしたね。もう一息でした」と最終回の攻撃を評価。6回の逸機については「いいところ(ピンチ)での踏ん張りは経験も大きい」と岸の投球を認めるほかなく「ちょうど打者が振るか、振らないかというところに投げていた。見ている限りコントロールが良かった」と続けた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ