19歳広中が陸上女子5000Mで日本歴代3位「新谷さんを頼りながら」

西日本スポーツ

 ◆陸上・全日本実業団対抗選手権(20日、埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

 女子5000メートルで広中璃梨佳(日本郵政グループ)が新谷仁美(積水化学)に続く3位(日本人では2位)に入り、日本歴代3位となる14分59秒37をマークした。

 「記録や順位は意識せずに自分らしく、楽しんでのびのびと走る」と臨み、序盤は先頭で1周72秒のラップをほぼ正確に刻んだ。中盤で新谷が先頭に立った後は懸命に食らいつき、「新谷さんを頼りながら、ペースに乗って走らせてもらった」と感謝した。長崎商高時代から期待されてきた19歳。「ラストの勝負をしたいところで持ち味が出せなかったことが悔しい。今後に生かしていきたい」とさらなる高みを見据えた。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング