負傷の琴奨菊にさらなるピンチ 左ふくらはぎ悪化か、顔をしかめ土俵割る

西日本スポーツ

 ◆大相撲秋場所中日(20日、両国国技館)

 肉離れを起こした左ふくらはぎの状態が、さらに悪化したようだ。琴奨菊(福岡県柳川市出身)は左を差して前へ出る場面もあったが、豊昇龍に右上手を許して寄られると顔をしかめ、自ら力を抜くように土俵を割った。

 花道を引き揚げる際には左足を引きずる姿は見せなかったものの、表情と取り口に、深刻さをうかがわせた。取組後のオンライン取材は再出場した前日に続いて応じなかった。懸命な治療と稽古で土俵に戻り「できることを精いっぱい頑張る」と前向きだったという関取最年長の36歳。厳しい闘いが続く。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング