終盤の痛恨併殺は「僕の責任」工藤監督 ギャンブルスタートだった

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク0-1オリックス(22日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは最後まで1点が遠かった。

 初回1死一、二塁の好機で柳田、デスパイネが凡退。直後に1点を先制された。0-1のまま迎えた8回に2番手・ヒギンスを攻め1死三塁。周東の代打・川島がいい当たりの一直に倒れ、飛び出した三走・牧原も戻れず併殺となった。

 工藤監督は「(川島)慶三はうまくミートしたが、ハードラック(不運)だった。あそこは絶対1点が欲しかったのでギャンブルスタートのサインを出した」と説明。「(打球が一塁手の)正面を突いたのは仕方ない。僕の責任です」と続けた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ