ソフトバンク周東また走った 6戦6盗塁でリーグトップをキープ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク0-1オリックス(22日、ペイペイドーム)

 周東が今季23個目の盗塁を決めて、リーグ1位をキープした。4試合連続の1番で起用され、迎えた初回だ。山本のフォークを捉えて右前打で出塁すると、1死後、打者中村晃の場面できっちり二盗に成功。得点には至らなかったが、リードオフマンとして先制のチャンスをつくった。

 リーグ2位の日本ハム西川とは1個差だが、直近6戦では6盗塁。「今年は試合に出してもらっている以上、当然(盗塁王を)狙っていく」と話していた通りに、ペースを上げている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ