正代「最近なかった」元大関に快勝し9勝目

西日本スポーツ

 ◆大相撲秋場所11日目(23日、東京・両国国技館)

 関脇の正代(熊本県宇土市出身)が、元大関に快勝し、9勝目を挙げた。

 踏み込みながら高安の当たりを受け止め、喉輪や突き、押しにも下がらずに攻めて押し倒した。「自分から前に出るようにしているので相手に(圧力が)伝わり、下半身も安定する。こんなに前に出る場所は最近なかった。意識している相撲が取れるようになってきたのかな」と自画自賛。2敗を守り「悔いを残さずに千秋楽までいけたらいい」。

 土俵下で見守った高田川審判長(元関脇安芸乃島)は「元大関相手に堂々とし、足もよく出ている」と評価した。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング