前半戦首位ターンながらJ2北九州、完敗「スイッチ入らなかった」小林監督

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J2第21節 北九州0-3水戸(23日・ミクニワールドスタジアム北九州)

 首位の北九州が序盤から何度も決定機をつくられ、完敗した。

 前半10分にスルーパスに反応した山口に先制点を奪われた。それでも快進撃の原動力となっている攻撃陣もディサロと町野の2トップによるコンビで敵陣を脅かし、41分ごろには福森のFKがクロスバーを直撃するなど好機をつくった。

 リーグ戦の折り返しの一戦。前節までに北九州は前半戦の首位を確定させた。過密日程で小林監督は「新しいことはなかなかできない。パワーアップしていくこと」と強調する。経験豊富な小林監督の指揮の下、前節までチームトップの10得点を挙げた24歳のディサロをはじめ、21歳の高橋大、20歳の町野といった若い選手が力を発揮。予想を上回る快調な戦いで、J2の主役となった。

 チームはクラブ史上初の9連勝後、2試合勝ちなしで快進撃が一時止まった。そこから再び3連勝。首位を争った長崎が失速し、福岡が急浮上する中、北九州はJ2復帰1年目で安定した戦いを続けているが、この日は水戸に揺さぶられた。後半、相手のパスワークやカウンターに揺さぶられ、2失点。今季ワーストタイの3失点で連勝が3で止まった。小林監督は「立ち上がりにスイッチが入らなかった」と指摘した。

PR

ギラヴァンツ北九州 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング