ロッテに感じたホークスのお株を奪う嫌らしさ

西日本スポーツ 石田 泰隆

タカ番記者コラム「好球筆打」

 ◆ロッテ7-4ソフトバンク(25日、ゾゾマリンスタジアム)

 大事な初戦を落とした。この初戦さえ取れば、次カードの楽天3連戦(楽天生命パーク)も含めた残り5試合を自分たちのペースで戦えると見越していたが、これで分からなくなった。ひょっとしたら一度、首位の座を明け渡すかもしれない。それだけ今回のロッテとの首位攻防3連戦初戦には重みを感じていた。

 でもそれは両軍の監督、選手、コーチも同じ思いではなかったか。ホークスにしてみれば、初戦に勝てばロッテとのゲーム差は3に広がり、この3連戦での首位陥落はひとまず回避できる状況にあった。

 一方のロッテは2ゲーム差で迎えた一戦だったとはいえ、勝率の関係で3連勝しなければ首位奪取の芽はなかった。だからこそ、是が非でも初戦を取りたかったに違いない。そして思惑通りに初戦を取った。

 試合後、勝利投手となった先発二木はヒーローインタビューで言っていた。「(きょうは)絶対に負けられない相手だった。何とか勝ちたかった」。移籍後、古巣相手に放った初適時打が決勝打となった福田秀も「きょうは絶対に勝ちたい」と試合中に談話を寄せていた。この1勝は、きょう26日の首位攻防第2ラウンドに向けて、さらにチームの士気を高めたことだろう。

 試合が大きく動いたのは、両チーム無得点で迎えた2回だった。ロッテは無死一、三塁から出た二塁手周東の適時失策を足掛かりに、一挙5得点。あの相手のミスにつけ込んだ執拗(しつよう)な攻撃は、いまのホークスに求められる「勢い」を強く感じた。まさにチーム一丸だった。

 そして、何より勝利への執念を感じたのが8回の粘りの走塁だ。1点リードのロッテは1死二、三塁の好機で、8番藤岡が一ゴロを放った。この場面で三塁走者の中村奨は本塁へ突っ込んだが、生還が無理と判断し、三本間に挟まれた。

 ホークスとしては即座にアウトを奪い、2死一、三塁で試合再開といきたかったが、中村奨の粘りの走塁で挟殺プレーに時間を要し、打者走者の二塁進塁を許した。この“アシスト”が響いた。続く9番柿沼は右前へ適時打。1点で済んだ追加点は、痛恨の2点適時打につながってしまった。

 こういう嫌らしい野球は本来、ホークスが得意としてきた。それを、いまのロッテは平気でこなす。首脳陣の指導が選手に浸透している証しだ。こういうチームは大崩れしにくい。一筋縄ではいかない相手だ。 (石田泰隆)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ