西武まさかの事態も連勝、2回から救援陣が決死のリレー 源田が殊勲打

西日本スポーツ

 ◆西武5-1楽天(26日、メットライフドーム)

 西武が試合序盤のアクシデントを乗り越え2連勝した。

 先発ノリンが左肩の強い張りを訴え1回限りで降板。2番手・中塚は2回に1点を先制されたが緊急登板の2イニングで1失点。その後、小川、国場、宮川、森脇が無失点でつないだ。

 4回、相手暴投の間に追いつくにとどまっていた打線は、同点の7回に源田が2点三塁打。さらにスパンジェンバーグにも適時打が出て3点を勝ち越した。

 8回は平良、4点リードとなった9回はギャレットが無失点に抑えた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング