ソフトバンク連敗5で止めた!ロッテと0差の危機回避 周東3安打4打点

西日本スポーツ

 ◆ロッテ3-7ソフトバンク(26日、ZOZOマリンスタジアム)

 ソフトバンクが序盤の点の取り合いを制し、引き分けを挟んだ連敗を「5」で止めた。

 2回に周東の先制打に敵失が絡み、さらに川島の適時打でこの回3点を先制。先発・東浜が直後に2点を返されたが、3回に周東の2打席連続タイムリーなどで3点を追加した。

 東浜は3回にもマーティンのソロで1点を返されたが、結局6回を投げ3失点。4点リードの8回にモイネロ、9回に森を起用し、救援陣が無失点リレーで逃げ切った。

  9番周東が3安打4打点の活躍。前日25日に手痛い失策を犯したが、汚名返上の活躍となった。チームはロッテ戦の連敗も「4」でストップ。負ければ2位ロッテにゲーム差なしと迫られるところだったが、再び2ゲーム差とした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ