プロ注目の北九大・益田「実力不足」昨春以来のリーグ戦黒星

西日本スポーツ

 ◆九州六大学野球秋季リーグ第2週第1日 久留米大4-2北九大(26日、春日公園)

 プロ注目の北九大・益田が4点を失い、6回途中で降板。リーグ戦では昨春の久留米大1回戦以来の黒星を喫した。

 直球は最速148キロを記録したが、2回に先制弾を浴び、同点に追いついた直後の4回に再び勝ち越されるなど、波に乗れず、6回2死一、二塁の場面で交代した。

 7安打を許し「全て自分の実力不足。次はこんな結果にならないように投げたい」とエースとして名誉挽回を誓った。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング